記事一覧

THE・ニンテンドー

P1460980.jpg

前回に続いて、マリオシリーズの好きなゲーム作品やBGMを話していきます。

P1460984.jpg

前回の記事で紹介したスーパーマリオ64をはじめ、マリオシリーズの作品は、とにかく自由に操作ができるゲームならではのプレイする楽しさがあると感じています。

マリオ作品と言えば、宿敵であるクッパにさらわれたピーチ姫を救い出すために冒険の旅に出るという物語が定着していますが、他にもマリオテニスやマリオゴルフなどのスポーツゲームや、マリオパーティシリーズのボードゲーム、マリオカートのレーシングゲームなど様々なジャンルがあります。

今回はこれまでプレイしたマリオシリーズのゲーム作品の一部を、好きな観点から話していきます。

P1460935.jpg

はじめにマリオパーティシリーズは、ニンテンドウ64の3作品とゲームキューブの4作品をプレイしました。
この中で一番気に入っている作品は、64のマリオパーティ3です。

マリオパーティシリーズは、簡単に説明すると、ボードゲームのような形式でプレイしていくゲームであり、決められたターンでコインやスターの数が最終的に一番多いプレイヤーの勝利というルールです。

コインはミニゲームや各種イベントなどで入手することができ、スターは基本的に20コインで1枚と交換できます。

マリオパーティ3に関しては、ミニゲームのアイデアやネーミングセンスが気に入っているので、シリーズで一番好きです。
ちなみに最も好きなミニゲームは、ぐるりんクロックという1対1のデュエルミニゲームで、時計の針をジャンプでどこまでかわせるのか競うルールなのですが、かわす回数が増えるごとにどんどんスピードが速くなっていきます。
どこかで勝負がつかないと、人間技では見切るのが難しいほど時計の針のスピードが急速になっていくので、なかなか面白いミニゲームです。

P1460962.jpg

続いてスポーツ関連のマリオゲーム作品について話します。

スポーツ作品は、マリオテニスやマリオゴルフを中心にプレイしました。
実際に本格的なテニスやゴルフなどのスポーツはまったくやったことがないのですが、ゲームなら手軽に遊べるということで、楽しんでプレイしていました。

ゲームとはいっても、基本的なルールはちゃんと実際のスポーツの基準に沿っています。
そのうえで、ゲームならではの世界観を取り入れて、楽しく遊べるようになっていると思います。

ゲームなので、各キャラクターによって個性があり、ステージにもギミックや仕掛けなどがあったりします。
現実ではありえないような(?)プレイをすることができたり、ステージの仕掛けによっては、テニスコートがゆらゆらと揺れたり、妨害をしてくるトラップがあったりと、まさにゲームでしか実現できないような遊びができるので楽しいです。

P1460954.jpg

次にマリオシリーズで好きなBGMについて話します。

一番好きなマリオBGMは、スーパーマリオ64のスライダーレースのテーマです。
このBGMは、チックタックロックやレインボークルーズでも使われています。
さらにお笑い系のテレビ番組でも一部で使われていました。(爆笑レッドカーペットなどで使用されていたみたいです)

このほかには、マリオパーティ5のトイ・ドリームの音楽(Lots of Toys)や、スーパーマリオRPGの通常戦闘曲も気に入っています。

P1460941.jpg

それにしてもゲームのBGMは、ゲームの世界を楽しむための要素の1つだと思います。
BGMがあるだけで、作品の世界観を盛り上げたり、臨場感や迫力が伝わってくると感じました。

P1460985.jpg

ちなみにマリオに関しては、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの個人的なマイキャラとしても使用しています。
標準的なオールラウンダーで、可もなく不可もなくといった感じのキャラクターですが、受け身や壁ジャンプがスムーズにできるのと、空中戦や肉弾戦も得意だと思うので、操作がしやすいキャラクターです。

P1460955.jpg

ということで感想などは以上となります。
テレビゲームは昔からたくさんの楽しい思い出があるので、これからも自由なプレイスタイルで遊んでいきます!(^^)!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野良★主

Author:野良★主
様々な玩具やフィギュアなどで自由に楽しく遊んでいます。
物語をつくってみたり、アニメやゲームの場面を再現してみたりと、玩具ならではの楽しさを追求しているブログです。

リンクフリーです。
よろしくお願いします。

カウンター